mm1.jpg

img6.jpg漢方鍼灸
img6.jpg運動処方
img6.jpg初診時の流れ
img6.jpg鍼灸道具
img6.jpg施術上の注意
img6.jpg鍼灸Q&A

mm2.jpg

img6.jpgスタッフ紹介
img6.jpg院長ストーリー
img6.jpg院内紹介

mm3.jpg
mm4.jpg

img6.jpg鍼灸適応疾患
img6.jpg漢方のバランス観
img6.jpg症状・対象別ご案内

mm5.jpg

img6.jpg症状改善の喜び
img6.jpgispot掲示板

 
 
img57.jpg
mm7.jpg
mm8.jpg
mm9.jpg
 
qr.gif

↑携帯サイトもご用意しております。こちらのQRコードを携帯電話で読み取ってご利用下さい。

 
 

img36.gif婦人科疾患

・月経過多(月経期間の延長)

【症例】
1 K.T.さん 35歳 女性 勤務 大阪府大阪市在住

[初診日]2007年9月11日

[症状]
はじめは肩凝り、腰痛で来院、
その他の症状として、月経周期が30日の定期型であるが、
期間が2週間~20日続くことがあるとのこと。
主訴との関係をみながら治療をする。

[月経過多の状態]
29歳頃から月経期間が長くなってきた。
経血量は変わらないが、色が以前より濃い赤になった。
婦人科でホルモン剤(ピル)を処方してもらい、
月経期間が短くなった。
ピルを2年間使用していたが、止めたら月経期間が再び長くなった(2週間)。
(同時期の32歳ごろから元々あった肩凝り・腰痛がきつくなる)

[その他の症状]
熟睡感が足りない
手足の冷え

[症状の根本的な原因と治療]
諸事情でストレスが溜まり、肩凝り症になってきたなか、
身体の中で排出されるべき余計な熱が生理周期を延長させたものと判断。
主訴の肩凝りと月経過多は根本的に原因は繋がっているため、
身体の気の巡りをよくしながら、
熱をさます治療法を試みる。

[経過]
肩凝りが徐々に楽になる中で、熟睡感が出てきた。
5診目の後に生理を向かえ、生理期間が一週間になった。
それ以来、生理周期が一週間程度以内になった。
またいつの間にか手足の冷えも気にならなくなってきた。

※その他の症状の中に、手足の冷えがありますが、
これは気の停滞が起きているためです。
症状の根本的な原因は長期の気の停滞から生まれた"熱”なので、
この手足の冷えに惑わされて、
温めることを主体とした治療をした場合、
おそらく諸症状の改善は乏しいものと推測されます。