mm1.jpg

img6.jpg漢方鍼灸
img6.jpg運動処方
img6.jpg初診時の流れ
img6.jpg鍼灸道具
img6.jpg施術上の注意
img6.jpg鍼灸Q&A

mm2.jpg

img6.jpgスタッフ紹介
img6.jpg院長ストーリー
img6.jpg院内紹介

mm3.jpg
mm4.jpg

img6.jpg鍼灸適応疾患
img6.jpg漢方のバランス観
img6.jpg症状・対象別ご案内

mm5.jpg

img6.jpg症状改善の喜び
img6.jpgispot掲示板

 
 
img57.jpg
mm7.jpg
mm8.jpg
mm9.jpg
 
qr.gif

↑携帯サイトもご用意しております。こちらのQRコードを携帯電話で読み取ってご利用下さい。

 
 

img36.gif運動器疾患・各種の痛み

肩凝り・肩甲骨間部の凝り


【症例】
T.T.さん 44歳 男性 製造業勤務 大阪府東大阪市在住

[初診日]
2007年9月12日

[主訴]
肩凝り、肩甲骨間部の凝り
その他の症状:熟睡しずらい、睡眠時無呼吸症候群、鼻閉感
たまに腹筋運動などで力むと右耳の耳鳴がある。

[主訴発症までの経緯]
ここ2年仕事が忙しく、帰りが夜11時から12時になることが週に何回かある。
そんな中、親しい仕事仲間が会社を辞めたことで、
会社内での孤立するようになり、ストレスが溜まるようになった。
その頃から肩凝りや肩甲骨間部の凝り感を意識するようになった。

[弁証]
肝鬱化火

[治療]
1診目~4診目:背中のツボに1本

肩凝り感がましになってきているが、肩甲骨の凝りが気になる。

5診目~7診目:手首近くのツボに1本
5診目のあたりから、肩甲骨間の凝りも楽になってきたと共に、
熟睡感が出てきた。耳鳴も少なくなってきている。

以降、肩凝り・肩甲骨間の凝りも減ってきた。
来院回数は、主訴緩和まで週2回。
緩和してからは約半年は週1回、その半年後は月2回となり、
現在は体調管理のために月1回程度、来院されている。