かわかみ吉祥堂。
HOME 初めての方へ スタッフ 料金体系・アクセス 漢方鍼灸の部屋 患者様の声 お問合せ
mm1.jpg

img6.jpg漢方鍼灸
img6.jpg運動処方
img6.jpg初診時の流れ
img6.jpg鍼灸道具
img6.jpg施術上の諸注意
img6.jpg鍼灸Q&A

mm2.jpg

img6.jpgスタッフ紹介
img6.jpg院長ストーリー
img6.jpg院内紹介

mm3.jpg
mm4.jpg

img6.jpg鍼灸適応疾患
img6.jpg漢方のバランス観
img6.jpg症状・対象別ご案内

mm5.jpg

img6.jpg症状改善の喜び
img6.jpgispot掲示板

 
 
img57.jpg
mm7.jpg
mm8.jpg
 
 
qr.gif

↑携帯サイトもご用意しております。こちらのQRコードを携帯電話で読み取ってご利用下さい。

 
 

img36.gif 運動処方

理念:理想の予防医学を目指して
・・・「病気予防の第一歩として、自立的・主体的な健康管理

漢方鍼灸は数ある治療法の中でも非常に効果の高い治療法です。しかし、症状によりますが、養生をしっかりとしないで鍼灸治療をただ受けているだけで「病気予防・症状の早期回復・苦痛からの解放」を果たせるかというと、なかなか困難です。一般的に日頃から適度に運動している方ほど病気になりにくく、なったとしても治癒までの時間が短い傾向にあります。症状の種類や程度によって動かせる範囲は人それぞれでしょうが、その方の出来る範囲で運動することは、今ある状態より悪化させないためにも大切なことです。
また情報過多の現代では意識が身体の外側に向くことに偏り、自身の身体の内側を冷静に目を向ける機会が少なく、身体の状態を正しく感じ取る能力が低下している傾向にあります。そのために休養を取れば良くなる程度の初期の不調状態に気付かず無理して、余計に調子を崩すという悪循環に陥る方が増えてきています。
運動処方の目的は後述にもありますが、まず運動することの楽しさを味わうことです。そして段々と積極的にバランスのいい運動をする習慣がついてくると、人間が本来持っているはずの身体の感受性が高くなり、自らの異変を早期に察知できるようになります。こうした運動を通じての、自己の感覚を重視した「自立的・主体的な健康管理」は、理想的な予防医学のあり方だと考えます。

特徴
私が大学時代に研究していた動作解析や生体力学の理論が含まれているものや、古武術、能など日本の身体文化に継承されている姿勢・動作・呼吸法などの様々な知恵を取り入れたものです。当院ではそれらのうち、“その時に応じて”“一人一人にあったもの”をお身体の個性に合わせて指導させて頂きます。

目的と効果
・精神的緊張、長時間のPC作業、偏りのある運動動作によって気の停滞が起こりやすくなりますが、部位として特に筋肉に滞りやすいです。この気の滞りを防ぐために、のんびりとした手ぶらでの散歩・太極拳・ヨガといった力まない軽運動によって、日頃からしなやかな筋肉の状態にしておくことは、とても大切なことです。当院は漢方鍼灸院ですので、漢方的診断に基づいたうえで、その方特有の筋肉の緊張を軽減させ、陰陽の理に適った(=中心を捉えたバランスのよい)動作が出来るよう、ご自宅でも出来る運動法を指導させて頂きます。
・鍼灸治療の効果を持続促進させてくれます。
・運動することの楽しさを味わえます。
・ご自身の身体の内側に目を向けることで身体の感受性が高くなり、何らかの心身の気付きが得られます。
・ご自身の健康管理を人任せにするのではなく、主体的に関わることで、考え方もより積極的・前向きになっていきます。

 
 
 
 
 
 
 
 

HOME初めての方へ・治療法のご案内スタッフ・院内紹介料金体系・アクセス漢方鍼灸の部屋患者様の声お問い合わせリンク

COPYRIGHT 2009, かわかみ吉祥堂。 All Rights Reserved.