かわかみ吉祥堂。
HOME 初めての方へ スタッフ 料金体系・アクセス 漢方鍼灸の部屋 患者様の声 お問合せ
mm1.jpg

img6.jpg漢方鍼灸
img6.jpg運動処方
img6.jpg初診時の流れ
img6.jpg鍼灸道具
img6.jpg施術上の諸注意
img6.jpg鍼灸Q&A

mm2.jpg

img6.jpgスタッフ紹介
img6.jpg院長ストーリー
img6.jpg院内紹介

mm3.jpg
mm4.jpg

img6.jpg鍼灸適応疾患
img6.jpg漢方のバランス観
img6.jpg症状・対象別ご案内

mm5.jpg

img6.jpg症状改善の喜び
img6.jpgispot掲示板

 
 
img57.jpg
mm7.jpg
mm8.jpg
 
 
qr.gif

↑携帯サイトもご用意しております。こちらのQRコードを携帯電話で読み取ってご利用下さい。

 
 

img36.gif適応疾患

適応症については、下の表のようにWHO(世界保健機構)が、1979年に43疾患を、1996年に6疾患を加えた49疾患を発表しています。しかし、当院の鍼灸治療は全身のバランスを整えることを目的としているため、対象疾患は問わず全科となりますので、下記に記載した病名以外でも適応になることもあります。いずれにしても一度ご相談いただけたらと思います。また特定の疾患がなくても鍼灸治療はリラックス効果もありますので、疲れをとりたいという方もどうぞご来院ください。

WHO(世界保健機構)による適応疾患
分類番号
分類名
疾患名
1
神経系疾患
神経痛、神経麻痺、痙攣、自律神経失調症、神経症、心身症、脳卒中後遺症、頭痛、不眠症、眩暈(めまい)、肩こり
2
運動器系
疾患
関節炎、関節症、肩関節周囲炎(五十肩)、関節リュウマチ、筋・筋膜炎(筋肉リュウマチ)、頚筋強直、頚肩腕症、むち打症、捻挫、腱鞘炎、腰痛症、外傷の後遺症
3
循環器系
疾患
心悸亢進(心臓神経症)、高血圧症、低血圧症、動脈硬化症、動悸、息切れ
4
消化器系
疾患
口内炎、舌炎、歯痛、胃腸炎、胃アトニー、胃下垂症、胃酸過多症、胆石症、肝機能障害、肝炎、十二指腸潰瘍、下痢、便秘、痔疾患
5
呼吸器系
疾患
風邪(カゼ)、風邪(カゼ)の予防、咳嗽(せき)、鼻炎、扁桃炎、咽頭炎、喉頭炎、気管支炎、気管支喘息
6
泌尿器系
疾患
ネフローゼ、腎・尿路結石、膀胱炎、尿道炎、前立腺肥大症、陰萎症、遺精、性機能障害
7
内分泌系
疾患
尿崩症、バセドウ病、糖尿病、橋本病
8
新陳代謝
疾患
貧血、脚気、痛風
9
皮膚科疾患
皮膚炎、蕁麻疹、ヘルペス、肝斑(しみ)、円形脱毛症、アトピー性皮膚炎
10
産婦人科
疾患
不妊症、月経不順、生理痛、冷え性、更年期障害、妊娠悪阻(つわり)、胎位異常(逆子)、乳腺炎、乳汁分泌不全
11
小児科疾患
疳の虫、夜啼症(よなき)、夜尿症、自家中毒症、小児喘息(ぜんそく)、虚弱体質
12
眼科疾患
仮性近視、眼精疲労、眼瞼縁炎(ただれめ)、麦粒腫(ものもらい)、結膜炎、フリクテン、弱視、涙管炎
13
耳鼻科疾患
耳鳴り、難聴、メニエール病、鼻炎、中耳炎、鼻出血(はなぢ)、副鼻腔炎(蓄膿症)
 
 

img36.gif漢方のバランス観

身体の調子が悪いと、「バランスが悪いからだ」という事をよく聞かれると思います。最近は、骨盤体操、ピラティス、バランスボールなどが流行しておりますが、これらは身体運動を通じて筋肉や骨格の左右の状態を整える有効な方法であります。また筋・骨格に直接アプローチするカイロプラティクス・整体等の治療法も一定有効な治療法かと思います。
一方、東洋医学ではどの様にバランスを整えるかといいますと、筋・骨格といった「形」のバランスも重視しながら、形を身体の内側から支える「気」を全身に巡らす事を治療上最も重視します。一般に手足が冷えるのは血行が悪いからだと思われますが、東洋医学では血液(血)を運行させているのは気の働きとしており、また気自体に身体を温める働きがあるので、気の停滞(気滞)を取り除く事を最優先させます。またこの気滞こそがあらゆる病気の根源である、と考えられております。(ちなみに気の停滞を取り除くことで、背骨・骨盤の歪みなど形態的なバランスも整う事があります。)
では気滞を起こす原因は、どこにあるのでしょうか?その原因として、簡単に述べますと次の事が挙げられます。

①身体内の内臓(五臓六腑)が相互に協力しあって働かない。
②偏りのある精神(七情)活動。
③飲食。
④仕事・運動などあらゆる身体活動の不適切。
⑤寒暖の不適切な環境にいる。

これらの中で最も気の運行を悪くしている原因に対して働きかけるのが治療の主眼になります。
また東洋医学では、バランスを整える物差しとして「陰陽」という独特の考え方があります。ここで陰陽について詳しく説明するのは避けますが、簡単に言いますと、上下、前後、左右、表裏、寒熱といった対概念の総称を陰陽と言います。
以上を簡単にまとめますと、気を滞らせる原因と場所を見つけ、上下、左右、前後、表裏と均等に流れる様にするのが、東洋医学のバランス治療であります。それによって心身(内)と環境(外)との調和が取れ、快適な状態になっていきます。

 
 
 
 
 
 
 

HOME初めての方へ・治療法のご案内スタッフ・院内紹介料金体系・アクセス漢方鍼灸の部屋患者様の声お問い合わせリンク

COPYRIGHT 2009, かわかみ吉祥堂。 All Rights Reserved.