かわかみ吉祥堂。
HOME 初めての方へ スタッフ 料金体系・アクセス 漢方鍼灸の部屋 患者様の声 お問合せ
mm1.jpg

img6.jpg漢方鍼灸
img6.jpg運動処方
img6.jpg初診時の流れ
img6.jpg鍼灸道具
img6.jpg施術上の諸注意
img6.jpg鍼灸Q&A

mm2.jpg

img6.jpgス タッフ紹介
img6.jpg院長ストーリー
img6.jpg院内紹介

mm3.jpg
mm4.jpg

img6.jpg鍼灸適応疾患
img6.jpg漢方のバランス観
img6.jpg症状・対象別ご案内

mm5.jpg

img6.jpg症状改善の喜び
img6.jpgispot掲示板

 
 
img57.jpg
mm7.jpg
mm8.jpg
 
 
qr.gif

↑携帯サイトもご用意しております。こちらのQRコードを携帯電話で読み取ってご利用下さい。

 
 

腰・膝痛・膀胱炎

Y.S.さん 58歳 女性 スーパー勤務 <腰・膝痛・膀胱炎>

私は約20年ほど前にバイク事故に遭った後遺症で、以降、仕事の疲れがたまると、全身の倦怠感や腰痛が出たりします。また私は婦人科疾患の病気も抱えており、疲れは身体全体の違和感に繋がりやすい状態であります。 病院や鍼灸院と色々通ったのですが、なかなか自分の身体に合った治療をなさる先生とは巡り会えませんでした。 その様な状態がしばらく続き、5年前に川上先生が勤務されていた病院で鍼治療を受けた事で、自分の身体が徐々に軽くなるのを実感する事が出来るようになりました。
それ以来、川上先生が開業されてからも、 鍼治療を受け続けております。また、勤務中に膝の靭帯を痛めたことがありました。この時、整形外科で検査をするも、病院では何の治療手段が無く、自宅療養するしかない状態が一ヶ月続き、一時は退職を考えていた程です。 この間、諸事情があって鍼治療を一ヶ月受けれませんでした。しかし鍼治療を再開したところ、膝の痛みも少しずつ軽減し、2ヶ月後には仕事に復帰する状態になるまで回復致しました。
この膝痛の治療中にも、以前からストレスがたまると、膀胱炎になりやすかったのですが、そちらの治療も並行し、楽にさせて頂いております。今回の事で、改めて鍼灸治療の効果を再認識し、感謝しております。

<川上からの補足解説>

この方を治療開始した当初は、様々な要因で精神的ストレスの蓄積し、それによって心身の不調をきたしていたようでした。治療当初は、精神を安定させる働きのあるツボへの鍼治療を継続させていました。心身の違和感がある程度安定してからは、気の流れをよくすることも考慮に入れると、膀胱炎や腰痛などの諸症状も軽減されていきました。膝の治療に関しては、肝のたかぶり(精神的プレッシャー)が脈診、舌診、背中の触診から確認出来たので、 それを軽減させる治療をまず施しました。その次に捻挫による気の偏りを取り除くために、腹診によって判断したその偏りのある部位へ1本刺入しました。
これらの治療方針で、鍼治療を継続、2ヵ月後に仕事に復帰出来るまでになりました。
膝痛の治療の過程で出てきた膀胱炎も、結局は肝が主要な原因と診て、肝気のたかぶりを下げる治療をすると排尿痛も楽になったそうです。



肩凝り・事故後の後遺症

S.H.さん 48歳 女性 デイケア運転手 <事故後の後遺症>

私は川上先生と同じ病院で勤務している者です。私は肩凝り症なので、以前から肩凝りがきつくなる度に川上先生の鍼を受けて、楽にさせて頂いておりました。
’07年の6月に利用者さんを送迎して、病院に戻って信号待ちをしている途中、横から別の車に衝突されてしまいました。 病院に戻りレントゲン検査をし、異常がみられないとの事で安心していたのですが、右の首に痛みがあったのと、そのつながりのせいか、右肩が挙がらない状態になってしまいました。その事故のあった日に川上先生に頭と足の指へ鍼をしてもらって、症状は楽になって帰りました。
同じ様な治療を3回ほど受けて、首の痛みは楽になっていたのですが、右肩が挙がりずらい状態が残っていました。洗濯物を干そうにも辛くて、2枚ほど干したら後は出来なかった程です。そのことを川上先生に告げると、次の治療はお臍の下に鍼を1本だけして頂きました。するとそれ以降は肩が挙がりやすい状態が大分長く続くようになりました。
3週間程、お仕事をお休みさせて頂いたのですが、今は無事に復帰させて頂いております。
利用者さんの送迎はかなり気を使うお仕事で、疲れると背中がパンパンに張ってきやすいので、今はそちらの症状の治療をして頂いております。まだまだ川上先生にはお世話になるかと思いますので、今後ともよろしくお願い致します。

<川上からの補足解説>

この方は運転の仕事以外にもピアノの先生もやっておられ、普段は気滞による肩凝り症として治療をしております。事故とか捻挫時などの外傷の場合、体内で気の停滞の偏りが著しくみられる傾向があります。その偏りを見きわめるべく、腹診、とりわけお臍と肋骨付近の触診を丹念にし、まず偏っている側の頭へ1本、鍼を刺入しました。その後、気の滞りに伴う血の滞りもあると判断し、足の薬指から若干の血を抜きました。その治療を3回するも、鍼をした後、3時間は楽だが、その後は腕が上がりずらいとのこと。
「これは、どうしてだ?」とよく考え、事故による肝腎の損傷があるのではと仮定し、お臍周りの反応をより慎重に診て、 気が停滞を感じさせる妙な窪んだ部位を発見!その窪みへ刺入すると、脈診によって、肝腎を示す脈力の幅の広がりも確認でき、これで症状も良くなるだろうという予測ができました。その治療を3回ほどすると、腕を挙げるのが楽になる状態が長く続くようになり、お仕事に復帰出来る状態にまでなりました。
お仕事に復帰されてからは、精神的緊張による背中の突っ張りがみられるため、その緊張が緩和する様な治療をさせて頂いています。



膝痛・肩凝り

T.K.さん 76歳 女性 無職

私が以前に通所のデイケアに行ってた時以来、川上先生の鍼灸治療を現在まで4年ほど受けております。
私は元々肩凝り症だったのですが、どんなに肩凝りが辛い状態の時に、デイケアで川上先生に鍼灸治療を勧められても、鍼が身体に入るというのを想像しただけで恐い思いがあったため、当初は治療を拒否しておりました。
しかし4年前の2月か3月に友人と梅を見に行った帰り、膝が突然痛くなったことがありました。病院ではレントゲンで撮影しても異常なしと診断され、痛み止めのお薬を処方されるだけでした。
そうこうするうちに数週間が過ぎ、痛みは引くどころか、余計に増していきました。あまりにも辛い状態が続いたので、思い切って川上先生の鍼灸治療を受けることになりました。
治療を受ける前は鍼が身体に入るのさえ恐かったのですが、実際に受けてみたら、少しチクッとするだけでした。想像していたものと全く違い、それまで抱いていた恐怖感は何だったんだろう、と何だかおかしくて今では度々川上先生との笑い話となっております。
それで痛みの方はというと、数週間で楽になっていきました。また不思議な事に、膝痛を治療してもらっているのに、肩凝りも楽になっていきました。以前から肩凝りがきつくなるとゲップが出やすかったのですが、このゲップも肩凝りが楽になるのと並行して無くなっていきました。
途中間が空いた時期がありましたが、この事があって以来、現在は週一回か二回の往診治療受けております。 今後とも引き続き治療の方をよろしくお願い致します。

<川上からの補足解説>

お話にも出ている様に、T.K.さんは鍼灸治療を受ける以前は、鍼への拒否反応がとても強かったのですが、治療を受けて楽になった事で鍼灸治療を好きになって頂きました。こういった事は治療側として最大の喜びを感じる事です。
では、治療について簡単に説明させて頂きます。まだ春になる手前であったこともあり、冷えが足元から身体に侵入してきた事による膝痛と見立てて治療を行いました。 
冷えは身体の皮膚表面(表)から関節(裏)までの気血の巡りを停滞させる要因になり、特に弱い部位その影響を受けやすいです。T.K.さんの場合は、年齢的なこともあり、腰から下は余計に冷えの影響を受けやすい条件でした。  こういった時には、【温補】(身体を温める鍼灸)や、【行気活血】(気血の巡りをよくする鍼灸)などの治療方針で治療を行うことになります。
また、この方の肩凝りは気滞中心(気の滞り)中心と病因とて単純なものであったため、肩凝りを目的とする治療をするまでもなく、膝痛の治療により気が巡りやすくなっただけで、肩凝りが軽減していったのです。ゲップも気の停滞を緩和させる身体の反応の一つですが、こちらも肩凝りの軽減とともに自然と無くなってまいりました。

この治療以降、その他にも腰痛、高血圧、めまい、転倒による打撲などとお身体に異常があった際に、治療をさせて頂いております。
この方の腰痛、高血圧、めまいには、腎虚という身体の状態が大きく関与しています。
は、東洋医学では、泌尿器そのものの機能を指す他に、生殖器、腰・膝、骨、骨髓、毛髮、耳、成長、身体の元気度などを総称した呼び方であります。
腎虚とは、平たく言えば、腰から下の機能の衰えで、高齢の方に多くみられる状態であります。また乳幼児でみられる場合は成長に問題が現れてきやすいです。
この腎虚は、初期には、腰・膝がだるく無力、耳の聞こえが悪い、骨が弱い、尿の出が悪いといった症状を呈しますが、進行すると、大きく2つのパターンになります。

腎陰虚

脳・関節など身体各所を潤す働きの腎精・腎陰が枯渇すると、相対的に陽が勝つ虚熱の症候が現れます。
ほほの赤味、ほてり、のぼせ、寝汗、尿が濃く少ない、口や咽喉が渇く、めまい、ふらつき、耳鳴

腎陽虚

身体を温める腎陽が不足すると、冷えの症状が現れます。
寒がり、手足の冷え、顏色が白くなる、多尿、頻尿、むくみ

腎陰虚の方には、腰・膝痛、めまい、高血圧、耳鳴、といった症状が多くみられます。
これらの症状を西洋医学では、整形外科、脳神経外科、循環器科あるいは内科、耳鼻咽喉科でそれぞれ個別で診断することなりますが、東洋医学では、一人の治療者がこれらを全て治療することができるのです。

それは、二つの医学の哲学の違いと言ってよいでしょう。
【東洋医学】
生気論:生命を分割出来ない一つの統一体として考える。

【西洋医学】
機械論:生命を部分に分割して考える。

この二つ違いがあるためにに、病態把握から治療まで多くに相違点があるのです。

さて、T.K.さんの話しに戻りますが、どちらかというと、腎陰虚傾向でした。また前回もお話させて頂きましたように、一種のストレス状態である肝鬱気滞もあり、これが腎陰虚に拍車をかける事があるので、腎陰を補いながらも、肝へアプローチしながら治療を行いました。
状態が悪いときには、外に出歩くのさえ恐がり、週2・3回の往診治療をさせて頂いておりました。現在では、お友達とズンドコで有名なH.K.さんのコンサートに行ったり、泊まりで旅行する程まで身体の状態が良くなり、養生のため、一週間~10日に1回の治療を継続しております。
一時は整形外科のお医者さんに手術しか対処の仕様が無いと診断され、精神的な落ち込みがきつい時期があっただけに、今は毎日の生活を楽しんでいるT.K.さんのお顔を拝見するだけで、逆に私も元気を頂いております。

 
 
 
 
 
 

HOME初めての方へ・治療法のご案内スタッフ・院内紹介料金体系・アクセス漢方鍼灸の部屋患者様の声お問い合わせリンク

COPYRIGHT 2009, かわかみ吉祥堂。 All Rights Reserved.